instagram

補給船ドッキング…

食べたいと思うか、書きたいと思うか、
はたまた宇宙への旅立ちか…

傘❓

屋根か❓

説明しがたい屋根

屋根梁

屋根組み

間仕切り壁

壁組み

1F床

床断熱工事

土台引き
BACK
"alt"
"alt"
"alt"
"alt"
"alt"
"alt"
"alt"
"alt"

ツーバイフォー住宅は、アメリカでは200年程の歴史のなか育まれてきた工法です。ツーバイフォー工法の発生は19世紀初め北米開拓時代に開拓者自らが施工する上で、
厳しい自然環境に耐えうる耐久性と施工性を兼ね備えていなければなりませんでした。初期の工法はバルーンフレーミング工法と呼ばれるもので壁を建て起こしてから一階、二階の床組みを製作し区切るという方法だったようです。私が思うに壁の高さは6~7mになり建て起こすのには相当数の人数を要したと思われ施工性は悪かったのではと思います。

しかしながら建築物作ろうと考えた場合、非常に合理的な考え方と思います。だってミカン箱を家にしようよ、というような発想ではなかったのではないでしょうか。

まぁ、体のでかいアメリカの人だからできたのではないかと思います。日本人だったらもし考えたとしても実行には移さなかったような気がしますね。
そんなこんなで、さすがのアメリカの方もちょっと大変だよねと言ったかどうかは分かりませんが現在では(1950年代以降)工程を各層に分けるプラットフォーム工法に変遷しています。

今では北米住宅の90%を占めそして全世界に広がっています。

日本では1974年にオープン化され定着しています。
ツーバイフォー住宅の生い立ち

ツーバイフォー工法は、北アメリカでは200年余りの歴史があります。
 
ツーバイフォー工法の発生は19世紀初めの北米開拓時代、開拓者自らが限られた木材を使用し、

厳しい自然環境に耐えうる耐久性と施工性を兼ね備えた工法と言えます。


もとは一階から二階までの一面の壁を作成し後から床で区切るバルーンフレーミング工法でした。

 
この工法は、今では北米の木造住宅の90%以上を占めるまでになり全世界に広がっていきました。
 
こうして日本にも昭和49年にツーバイフォー工法がオープン化されて以来、デザインの美しさもアピールして

「洋風住宅ならツーバイフォー」と、すっかりわが国に定着しています
You Tube
You tube
You Tube
You Tube
You Tubu
You Tubu
"alt"
"alt"
"alt"
"alt"
"alt"
"alt"
"alt"
"alt"
"alt"
"alt"
"alt"
"alt"
"alt"
"alt"
"alt"
"alt"